心電図モニターは読めますか?読めなくて苦労した経験や、読めて良かったと思った経験

心電図モニターは読めますか?読めなくて苦労した経験や、読めて良かったと思った経験

私は、正直言って心電図モニターを読む事が得意ではありません。
心電図モニターというのは、生命の危機にある方や、手術後の患者さんにつけられる事が多いのですが、
何か異常があるとアラームがなるので、安心だと思っていました。
心電図モニターを見れば、心拍の異常や不整脈などがすぐにわかります。
しかし、心電図モニターに頼っていると事故が起きる場合があるんです。

心電図モニターがいくら正常を示していても、患者さんに異常が起きるといったケースが沢山あります。
看護学校時代には、心電図モニターに頼り過ぎないで、必ず自分の目で患者さんの様子を見る事が大切だと教えられました。
心電図モニターがあると、とても便利です。
特に夜勤の時など、看護師の人数が少ない時には、すべての患者さんをマメにしっかり観察するのは、無理があります。
しかし、心電図モニターがあれば、少し目を離しても安心だというイメージがあります。
でも、やはり、自分の目で観察する事は、何よりも大切です。

心電図が読めなくて苦労した経験というよりも、心電図モニターが読めて、詳しく分析ができれば、
患者さんの状態を判断する事ができるのに、と思っています。
モニターを読んで分析ができれば、先に起こりうる急変などを、事前に防ぐ事ができるのではないかと思っています。
先輩の看護師には、心電図モニターが読めて、ある程度分析できる方がいるのですが、ドクターにも信頼されて、
スムーズな看護をしています。
詳しく勉強したいと思っているのですが、今のところまだ手をつけていない状態です。
近いうちに勉強を始めて、自信を持って心電図モニターが読めるような看護師になりたいと思っています。
それが私の今の目標なんです。

2014年3月 3日|